定期的な歯の治療を受けよう

虫歯の治療方法

白い歯

初期の虫歯治療

私達人間には傷ついたりしてしまった場合にキズを治す自然治癒力とういう能力が備わっています。
すなわち、自然治癒力が高ければ単純な怪我なら時間をかけて治すことが出来るのです。
しかし、人間の歯には自己修復能力がついていません。虫歯になってしまうと歯のエナメル質を溶かし、歯の神経の通った象牙質を溶かしてしまうと象牙質が再生してしまうような事はありません。
ただ、エナメル質は虫歯菌に溶かされても再び歯を守るために再石灰化という能力があります。
歯の本体である象牙質に虫歯が到達してしまうと歯科で治療を受け類外には完治させる事は出来ません。
そこで、このページでは歯科の治療方法を紹介していきます。

中期の虫歯治療

近年では麻酔などを使用する事によって神経に膿を作ってしまった虫歯もほとんど痛みを感じることなく治療を行なうことができるようになっています。
そのため、多くの方が歯科へ行くのに抵抗を感じなくなっています。
まず、虫歯には進行状況によって治療方法が違うという事を知っておきましょう。
初期の段階の虫歯はエナメル質の部分を少しだけ溶かしている状態の虫歯です。
エナメル質には神経が通っていないので痛みを感じる事はありません。そのため治療の際に麻酔を使用せずに虫歯を治療することができます。
初期虫歯の治療方法は2種類あり、エナメル質の虫歯部分を削り取る方法と虫歯になっている部分に薬を塗って薬がしっかり効くように歯に被せ物をして治療する方法です。
一般的な歯科ではエナメル質の部分を削る治療が早くて一般的な治療とされています。
初期虫歯であれば痛みの発生しない治療を受けられるので早めに歯科を訪れて治療しましょう。

虫歯の末期症状

虫歯の症状が中期になってしまった場合はまだ痛みを伴なう事はありません。
しかし熱いものや冷たいものが歯にしみるという様な症状が出てくるので虫歯を発見出来るようになります。
ただ、しみるという事は神経の部分にまで虫歯が進行している状態なので治療の際には多少痛みを伴ってしまいます。
治療の方法としては初期虫歯と同様虫歯部分をキレイに削るか薬で殺菌するという方法があります。
殺菌治療を行なう場合は虫歯菌を殺すために時間がかかってしまいますが、削りとる場合は虫歯の治療自体はその日の内に治療することができます。

虫歯が歯根の方まで進行してしまうと、多くの場合神経ごと歯を抜き取るという治療方法を取るか、神経の治療を行なって歯を残すかは虫歯の状態によります。
かなり進行してしまっている状態なので虫歯の炎症による激しい痛みを伴うことになります。
治療の際には麻酔を使用してから神経の治療を行ない、虫歯の部分を削り取るか抜き取るかに分かれます。
通っている歯科医の腕にもよりますが、近年では多くの歯科医が歯を残すように努力してくれます。
歯を残すことが出来れば銀歯などの被せ物をして歯を使用する際に差支えの内容にして行くのが一般的な末期の虫歯の治療方法です。
歯科では様々な方法で治療を行なってくれますが痛みを感じてから歯科を訪れても歯を抜かなくてはいけない選択も発生してくるので痛みを感じる前に治療を受けましょう。